手品師の先輩は、俺が考えたネタを模倣どころか自分のモノだと主張する。→俺はとんでもない復讐を思い付いて…の記事